Vesele Štajerke(ベッセレ・シュタイエルカ)はスロヴェニア初の女性バンド

Vesele Štajerke(ベッセレ・シュタイエルカ)はスロヴェニア初の女性バンド

Vesele Štajerke(ベッセレ・シュタイエルカ)は1994年に活動を開始したスロヴェニアの女性バンドで、当時はスロベニアで初めての女性だけで演奏するグループでした。

スロヴェニア新時代の象徴

スロヴェニアが独立して自由主義陣営に加わったのが1991年、それまで旧態依然とした音楽を強いられていた国内ではいろいろな音楽を自由に演奏できるようになり、女性だけの音楽グループも活動できるようになり、そこで登場したVesele Štajerkeはまさにスロベニアの新時代を表す存在だったのです。
Vesele Štajerkeの音楽はスロベニアや周辺国の民族音楽とも言えるポルカがベースとなっているオリジナル曲です。
ところで、グループ名のŠtajerkeに「シュタイエルカ」カナを振っていますが、恐縮ながら確信がありません。スロベニアの北東地方のŠtajerskaは「シュタイエルスカ」と言うようですが、グループ名のŠtajerkeには「r」の後に「s」がないので、とりあえず「シュタイエルカ」としています。
ちなみに、デビュー曲のメンバーはLOTI、MARJANA、MOJCAの3人で曲名は「We Are Three VeselaŠtajerska(私たちは三人の楽しいシュタイエルスカ(地方人)」なので、sが抜けた「Vesele Štajerke」はどんな意味になるのでしょうか。
バンド名Vesele Štajerke(ベッセレ・シュタイエルカ)
結 成1994年
メンバー LOTI(ロティー)
MARJANA(マージャン)
MOJCA(モジャ)
VIDA(ビーダ)
※出産などによるメンバーの交代や休業あり
デビュー曲We Are Three VeselaŠtajerska

Ljubček moj, srček moj (親愛なる私の恋人)

メンバーが若い!20年前1998年のTV出演より「Vrtimo planet – Luna ve – Tota pesmica」

調べてみると、Vrtimo(回る) planet(地球) – Luna(月) ve(知っている) – Tota(トタ) pesmica(歌)、困りました‥「トタ」が分かりません。地球を回る月さえも知っている「トタ」の歌‥‥全然違うだろうなぁ‥

正直で純朴な国民性が魅力

Vesele Štajerkeを始めとしてスロヴェニアの音楽グループがYouTubeにUPしているプロモーションビデオに共通の特徴は、「気の強い肉食系女性と、ちょいと間が抜けていながら誘惑に弱い男性」による「ガール・ミーツ・ボーイ」。
スロヴェニアのTV番組も日本の1970代を彷彿とさせるのどかな雰囲気に癒されるものが多いのが魅力です。

SREČA SE VRNE 「ビバ夜這い!」ではなく、「ラッキー 彼は(戻って)来た!」

LAHKO NOČ VETER MOJ CAN「風が私の人生に」

Za vsak slučaj (ちょうどの場合)?

POMLADANSKI VETER (Googleで翻訳すると「ポンラダンスキー獣医」になるが、スロヴェニアは酪農もさかんだけれど‥)「春の風」だと思う、たぶん‥間違いない

HANZI 「ハンズィー」(意味が分かりません、日本でいう「与作」でしょうか?)

♪ハンズィーは畑で手を振るヘイヘイホ~‥‥

Če verjameš ali ne 貴方が信じてくれるのか

Smrklja たぶん「スマイル」

Ujela sem šopek (私は花束をキャッチした)


※スロヴェニア共和国の「スロヴェニア」は「スロベニア」とも記され、日本国外務省のサイトではスロベニアと記されてますが、駐日スロヴェニア共和国大使館のサイトではスロヴェニアと記されているため、当ページでは「スロヴェニア」と表記しています。