Sekstakord(sixth chord)はスロヴェニアの7人グループ

Sekstakord(sixth chord)はスロヴェニアの7人グループ

ボサノバなどのコードに登場するmaj7(メイジャーセブン)はお洒落な感じを引き出してくれる。それに対してグループ名のSekstakord(sixth chord)由来となる6シックスを加えたコードはキラリと光る一瞬を演出してくれる。

国は新しく歴史は永いスロヴェニア

まるで秀吉の一夜城の如く、スロヴェニアが10日間戦争であっという間にユーゴスラビアから独立したのは1990年。
共産社会から180度のターンをして自由社会に変わり、経済危機も1年で乗り越えユーロの一員となった見事な新生スロヴェニアも来年で30歳になる。
しかし、その歴史は古くて紀元前どころか新石器の遺構にまで続く。
たぶんこの歴史の中に欧州の大国に翻弄されながらも乗り越えてきた叡智がスロヴェニアの人を支えているのだろう。
そんなスロベニアの名産はワイン。
静かな山間でブドウを育て、ワインを熟成させる日々を重ねる人生を送る人も多い。

Sekstakord

スロヴェニアの歴史のように変幻自在な楽器構成で伝統的なポルカからロックまで広くカバーするのがスロヴェニアの「Sekstakord(6コード=六音和音)」。
Sekstakordの名前ながら7人メンバーの担当楽器を見ると分かるように、幅広いレパートリーの他ゲストを迎えての演奏や他のユニットのバッキングもこなし、結婚式などのイベントにも対応している。
バンド名Sekstakord
結 成2011年
メンバー Peter Tovornik:リーダー、ギター、ドラム、クラリネット、ボーカル
MaticPlemenitaš:ソロボーカル、ギター、アコーディオン
Ernest Reich:バリトン、ベース、ベースギター、ドラム、ボーカル
Urban Kolar:トランペット、バリトン、パーカッション、ボーカル
MatijaBožnik:クラリネット、サックス、ベースギター、パーカッション、ボーカル
MatevžPušnik:アコーディオン、キーボード、ギター、ボーカル
TomažMajcen:トランペット、ギター、ドラム、クラリネット、サックス、パーカッション、ボーカル

自然と暮らす人生

小さな村で知人に囲まれて日々を送り、次の世代にささやかな生きる術を伝えるのは華やかではないかも知れないが、美しい生き様だ。
見知らぬ多くの人に賛美される人生もあれば、身近な人に思い出されて慕われる人生もある。
そんな生活は数多のハイテク機器に囲まれた暮らしより素晴らしいと思うのは筆者だけだろうか。

アコーディオンの音色を活かしたメロディーラインが美しい曲 「V srcu si(あなたは心の中にいる)」

Objemi me(私を抱きしめる)

歴史に溶け込む文明

スロベニアは18世紀にタイムスリップしたような街並みの国だが、そこに生きているのは21世紀の生身の人間、スマホと自撮り棒も当たり前に登場します。 スロヴェニアの楽曲はボーイ・ミーツ・ガールが多いが、今の日本では想像できないような純朴な出会いが登場する。
とりわけ羨ましいのが御伽話のような建物や手付かずの大自然がごく普通に登場することだ。

Ne igraj se, deklica(遊ばないで、女の子)

良い家の前で降りて、見送った後で反対方向へ歩き出す‥、日本でもドラマの一場面にありましたが、世界共通なんだぁ。(桜子さん!)

Ne pozabi me (私を忘れないでください)

Melodija zelenih dni (緑の日のメロディ)

Feliz navidad (メリークリスマス)

ボーカルにYlenia ZobecとペットにTadej Miheličをフューチャーして 「Nocoj mi reci, da si moja」(今夜はあなたが私のものだと言って)

V sanjah si moja (あなたは私の夢の中にいます)

Kje si b`la Nataša (あなたはどこでナターシャと戦ったのですか?)

美しい響きの曲「Na svidenje」Nuša DerendaのボーカルとSekstakordの演奏。メロディーラインの美しさとは裏腹にNa svidenjeの意味は「さようなら」

Sekstakord – Hvala ti (ありがとう)