Por una cabeza (ポル・ウナ・カベーサ)は珠玉のタンゴナンバー

Por una cabeza (ポル・ウナ・カベーサ)は珠玉のタンゴナンバー

幸不幸は紙一重、Por Una Cabeza は恋の駆け引き勝負に出遅れた男の無念さと甘美な思い出を生きる悦びに絡めて表現した珠玉の一曲です。

タンゴを踊る人に人気

Por Una Cabeza (ポル・ウナ・カベーサ)という曲名を知っている人は少ないと思いますが、CMによく使われている曲なので、映画ならば1992年の名映画「Scent of a Woman」でアルパチーノが演じる盲目の主人公が若い娘とタンゴを踊るシーンのバックの曲と言えば思い出す方もいるはずです。
この曲は映画 Tango bar (タンゴ・バー) の挿入歌としてアルゼンチンの歌手で俳優のCarlos Gardelが1935年に創りました。
Por una cabezaはダンスのタンゴの曲としても人気があり、プロからアマチュアまで広く踊られています。結婚式で新郎新婦が踊るダンスをファーストダンスといいいますが、ラテン圏では、この曲をバックにタンゴを踊ろうとする方も多いようです。
しかし、タンゴを優雅に踊るのはとても難しいので、別の曲に変えるカップルが一番多いのもこの曲らしいです。
ちなみにPor una cabeza とは競馬で馬の「頭ひとつ」です。
曲名Por una cabeza (ポル・ウナ・カベーサ)
発表1935年
作曲Carlos Gardel (カルロス・ガルデル)
作詞Alfredo Le Pera (アルフレード・レ・ペラ)

Ana Cebotari & MundiColourの演奏と歌で Por Una Cabeza

Aida Cuevasのビデオクリップで Por Una Cabeza

Liscsinszky Katinkaのダンス

ギター2本で何気なく弾いているけれど、オブリガードの入れ方とか凄い

Nicola BenedettiのGreene Spaceでのライブから Por Una Cabeza

Cuarteto Scherzo

Anna Hüdepohl のアコーディオンによる Por Una Cabeza

バイオリンという楽器は聖堂のような石造りの建物と調和するように創られているのを実感させられる Trio Rupnik の Por una Cabeza

このホールは反響音が一寸ですが KATICA ILLÉNYI 最新の Por Una Cabeza