I'll Be Home For Christmas

I’ll Be Home For Christmas

時は1943年第二次世界大戦、激戦真っ只中厳しい時代でした。そんな時代に作られた「I'll be home for Christmas」。この曲を聴いて戦場の兵士たちは自分たちの故郷へ思いを馳せたちょっと切ないクリスマスソング。

小見出し1

それから幾多の歳月が流れても、病気や仕事でクリスマス自宅で過ごせない人も大勢います。おそらく幸せなクリスマスというのはどれほどのプレゼントやご馳走よりも家族全員揃って家で過ごせることなのでしょう。 ちなみに、この曲の結びのセリフは「in my dreams」家族に、恋人に、会いたい人に会う。
曲名I’ll Be Home For Christmas
発表1943年
作曲Walter Kent(ウォルター・ケント)
作詞Kim Gannon(Kim Gannon)
オリジナルBing Crosby(1943年10月4日)

3人構成のLady Antebellumによる「I’ll Be Home For Christmas」

クリスマスのボランティア

このステージがあるのは病院、ここにもまたクリスマスを自分の家で過ごせない人たちが大勢います。ともすれば寂しくなりがちな「I’ll Be Home For Christmas」をThe LUCKY DUCKIESアップテンポでプレイします。

LUCKY DUCKIES@Natal dos Hospitais 2016-RTP1

Joshua BellのバイオリンとFrankie Morenoのピアノボーカルで「I’ll Be Home For Christmas」

Matt Jones OrchestraとFataiのボーカルで「I’ll Be Home For Christmas」

Molly Burchのスローバラードで「I’ll Be Home For Christmas」

LAURA CANTAのボーカルで「I’ll Be Home For Christmas」

Jorge CalandrelliのアレンジによるAccentのアカペラで「I’ll Be Home For Christmas」

Randy KerberのピアノとSara Niemietzのボーカルで「I’ll Be Home For Christmas」

Jacob Kollerのボサノバテイストのジャスピアノで「I’ll Be Home For Christmas」