Helen Kane はベティーちゃんとブブッピドゥーの実在モデル!

Helen Kane はベティーちゃんとブブッピドゥーの実在モデル!

セクシーな歌の代表と言えば「ブブッピドゥー」の歌詞でおなじみ「I wanna be loved by you」ですが、この曲を歌ったのはマリリン・モンローが最初ではありません。

ヘレン・ケインの名曲I wanna be loved by you

「I wanna be loved by you」はマリリン・モンロー(Marilyn Monroe/1926年~1962年)1959年の映画「Some Like It Hot(お熱いのがお好き)」で歌われてヒットしましたが、これはリバイバルヒットでオリジナルは舞台「グッド・ボーイ(Good Boy/初演1928年)」の曲で、作詞はBert Kalmar、作曲はHarry Ruby、ヘレン・ケイン(Helen Kane/1904年~1966年)が歌っています。

Helen Kane – I Wanna Be Loved by You (1928)

ベティちゃん(BETTY BOOP)のモデルはヘレン・ケイン

下の動画のジャケットを見て気付いた方がいるかもしれませんが、ヘレン・ケインは「ベティちゃん(BETTY BOOP)」のモデルでもあります。

Helen Kane – Don’t Be Like That (1928)

女優でもあったヘレンケイン

ベティちゃんオリジナル、というよりもベティちゃんがヘレンケインの分身なのですが、ヘレンケインは漫画のベティちゃんよりもパワフルでぶっ飛んだ存在の女優さんでした。
約百年前の当時としては異彩を放つ存在、今であればハリウッドナンバーワンのコメディエンヌ的な存在だったでしょう。

Helen Kane, A Lesson in Love

下はヘレン・ケインのアルバム「The Boop-Boop-a-Boop Girl」
1. I Wanna Be Loved By You (2:07)
2. Get Out And Get Under The Moon (3:30)
3. That’s My Weakness Now (3:35)
4. Is There Anything Wrong In That? (3:05)
5. Don’t Be Like That (3:06)
6. Me And The Man In The Moon (2:52)
7. Button Up Your Overcoat (2:58)
8. I Want To Be Bad (3:06)
9. Do Something (2:42)
10. That’s Why I’m Happy (2:22)
11. I’d Do Anything For You (3:02)
12. He’s So Unusual (3:03)
13. Ain’tcha? (3:01)
14. I Have To Have You (2:50)
15. I’d Go Barefoot All Winter Long (If You’d Fall For Me In The Spring) (3:21)
16. Dangerous Nan McGrew (2:27)
17. Thank Your Father (2:49)
18. I Owe You (3:06)
19. Readin’, Ritin’, Rhythm (2:37)
20. I”ve Got ”It” But It Don”t Do Me No Good (2:26)
21. My Man Is On The Make (2:37)
22. If I Knew You Better (3:04)
23. I Taut I Taw A Puddy Tat (3:00)
24. Hug Me! Kiss Me! Love Me! (2:17)
25. Aba Daba Honeymoon (3:00)
26. The Beanbag Song (2:09)
※CD (2009/7/28)
ディスク枚数: 1
フォーマット: Import
レーベル: Bygone Days

映画「土曜は貴方に」

ヘレン・ケインの歌う「I wanna be loved by you」には1928年バージョンの他に1950年バージョンがあります。
それは、フレッド・アステア(Fred Astaire/1899年~1987年)の映画「土曜は貴方に(Three Little Words/1950年)」で、スクリーンでは劇中劇グッド・ボーイ(Good Boy)のシーンで、デビー・レイノルズ(Debbie Reynolds/1932年~)が歌いますが、この部分はデビー・レイノルズの声ではなく、ヘレン・ケインの歌による吹き替えです。