C'est Magnifique(セマニフィーク)は米国生まれの欧州育ち

C’est Magnifique (セマニフィーク)は米国生まれの欧州育ち

セマニフィークと書きましたが、クとカの間クァのような感じであり、C’est Magnifiqueの日本語訳も「それは素晴らしい」とか「それは美しい」ですが、「ス・テ・キ」辺りが妥当かと思います。

作者は有名なコールポーター

C’est Magnifiqueはヨーロッパでは「LUIS MARIANO」がフランス語で歌ってヒット、大勢のミュージシャンがカバーしていますが、オリジナルは1953年のミュージカルCan-Can(カンカン)の劇中歌、作者は有名なコールポーターで原詩は英語です。
ちなみに、コールポーターは1891年の生まれなので、この曲を作ったときは62歳でした。
曲名C’est Magnifique(It’s Magnificent)
発表1953年
作曲Cole Porter
作詞Cole Porter

英国を中心に活動している Jonny Hepbir Quintet の演奏で C’est Magnifique

ゾルタン(サイトはwww.zoltanorosz.com)のアコーディオンで「Zoltan Orosz and his Friends – C’est Magnifique」

In The Hopの軽くスゥイングするc’est magnifique

Beegie Adair – c’est magnifiqueはバイオリンとアコーディオン

Christin Mahoの歌 と Christian HadornのアコーディオンでC’est magnifique

Arielle Dombasleが歌うC’est Magnifique

‘C’est Magnifique’ – Baby et Lulu and Tim Rogers – STUDIO at the MEMO

Avalon Jazz Band – C’est Magnifique