Come Fly With Me(カム・フライ・ウィズ・ミー)

Come Fly With Me(カム・フライ・ウィズ・ミー)

幼い頃、広げた両手が翼になって、大空を飛べたら‥と夢見た人は多い筈。Come Fly With Meはシナトラの持ち歌ですがスタンダードナンバーとしてさまざまなカバーがあり、世界中の教会や学校でも歌われています。

おいでよ僕と飛ぼう

Come Fly With Meは半世紀以上の前のフランク・シナトラの持ち歌にして、航空会社とタイアップのCMソングでもある。ちなみに、2008年の邦画「ハッピー・フライト」のエンディングでも使われているのでご存知の方も多いだろう。
歌詞にも歌われている「飛行機でハネムーン」が流行り出したのはこの曲の影響と言っても過言ではない。
この曲はラブソングにして、プロポーズソングであり、ハネムーンソングでもあるのだ。
曲名Come Fly With Me
発表1958年
作曲VAN HEUSEN JIMMY
作詞CAHN SAMMY

Fox Chapel Areaの高校生による Come Fly With Me

BBCのStrictly Come Dancing から「Come Fly With Me」でアメリカンスムースを踊る Fiona Fullerton & Anton

女性4人の Kaleidoscope Quartet による素敵なアカペラで Come Fly With Me

Michael Bubleがさらりと歌う Come Fly With Me

Wedding String Quartet による弦楽四重奏の Come Fly With Me

Laura Dickinson によるキレの良い Come Fly with Me

伊達男 Seth MacFarlaneの Come Fly With Me

Simone Kopmajer によるジャージーなボサで Come fly with me

UK Jazz bandが養老院の慰問で演奏する Come Fly With Me

ギター一本バックのCharlotte Roseによる Come Fly With Me