Bring Me Sunshine (ブリング・ミー・サンシャイン)は英国民なら誰でも知っている懐かしい曲

Bring Me Sunshine (ブリング・ミー・サンシャイン)は英国民なら誰でも知っている懐かしい曲

Bring Me Sunshineは1966年にリリースされてアメリカでヒット曲となりましたが、英国ではそれ以上に親しまれている曲です。日本でいえば、シャボン玉ホリデーの「スターダスト」や
八時だよ‥の「いい湯だな」といったところでしょうか。

イギリスで半世紀ぶりに大ブレイク

イギリスでは1969年からBBCで人気コメディコンビ Morecambe and Wise(モレキャンベとワイズ)による番組のエンディングテーマとして流れたので誰でも知っている馴染みのある懐かしい曲なのです。
その後、半世紀経って「The Jive Aces」が取り上げたことであっという間にリバイバルし、多くのアマチュアミュージシャンが取り上げたり、イベントや教会などで歌われるようになりました。
曲名Bring Me Sunshine
発表1966年
作曲Arthur Kent
作詞Sylvia Dee

Ashleigh Woodのほのぼのとしたプロモーションビデオ、眼鏡の人は Morecambe のオマージュですね

Wedding String Quartetによる落ち着いた雰囲気のBring Me Sunshine

半世紀ぶりに寝た子を起こしたThe Jive AcesによるBring Me Sunshineプロモーションビデオ

教会で‥若い人にとっては新鮮な曲で年配の人にとっては懐かしい曲Bring Me Sunshine

Sinti Musik- MerzeliによるアコーディオンをフューチャーしたダンスバージョンのBring me Sunshine

Brenda Leeによる1969年のBring Me Sunshine

ハワイ出身のバンド「Liz Damon’s Orient Express」によるBring Me Sunshine

The Jive Acesが英国の女優Rebecca GrantをゲストボーカルにフィーチャーしたBring Me Sunshine、リーダーが嬉しそうです

ハンガリーのバイオリニストKATICA ILLÉNYIとMYRTILL MICHELLERによるデュエットでBring Me Sunshine

Morecambe and Wise の番組のエンディングと Bring Me Sunshine はこんな具合でした

日本でいえばコント55号を彷彿させるような存在だった Morecambe and Wise による「Singing in the Rain」